プレゼントも国によって違います。 渡すときの言葉も。

贈り物 袋

みなさん こんにちは、
今日も 寒いような
少し暖かいような
一日でした。

この赤い贈り物は
台湾の友人から
頂いたものなのですが

箱も袋と同じような
素材で出来ているんです。
贈り物 箱
良く中国系の方は
赤が好きと聞きますが
結構赤を使った

プレゼントを頂きます。
また包装が凝っていますね。

やはり中身だけで無く
包装が大事と考えて
いるのでしょうか。

またまたびっくりが
中身の箱も合わせているんです。
贈り物中身

このように文化が違うと
贈り方も違うのですね。

良く日本人は、昔から贈り物を
「つまらないものですが」
と言って手渡していたようですが、

最近の人はこれは海外の人には
改めた方がいいと知っていても。
DNAのなかにこの気持ちが

入ってしまっていて、実際は
つい照れて渡してしまうの
ではないでしょうか。

私もその傾向が
少し残っているので、

海外の人に贈り物
渡すとき、ちょっと
謙遜の入った。



Here is a little something for you.
ささやかなものですが、あなたに差し上げます。

このフレーズが気に入っています。

This is for you. 
これは あなたにです。

でもいいと思いますよ。

そして、
I hope you'll like it.
気に入っていただければ。

という感じで贈り物を
渡しています。

「つまらないものですが。」と
言ってしまうと。

なぜ「つまらないものをくれるのか。」
となってしまいます。

結構、論理的にものを
考えて会話しないと
いけ無いようですね。

では また

















Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.