ネイティブの英語は速すぎる、、、、と生徒さんが言ってました。

学会

みなさん こんにちは
たいへんご無沙汰して
しまいました。
お変わりありませんか。

きょうは 涼しいのか
過ごし易い1日でした。

きょうは、
hearingの勉強法を
お話しすることに
しました。

みなさんの中でhearing
苦手と思う方、
参考にして下さいね。

Nativeの英語のhearing の勉強法

 

先日のレッスンで、nativeの速い英語を聞いた後、

生徒さんが「速い」と悲鳴をあげていました。

確かに速いのですが、残念ながらそれは自然の速さ

こちらが慣れるより他ないんです。

 

私もだいぶ前に、

英語学校でnativeの英語を聞いたとき同じ

感想を持ちました。

 

その頃は、始めオーディオだけ聞いて、

その後、先生からその英文をもらい

確認したのを覚えています。「え-」の連続でした。

 

Hearingの勉強法をお話しするとすれば、

 

1.まず集中してオーディオを聞く

 

2.聞こえた(掴めた)単語をつなげて

内容を想像する。

(聞こえた単語が多くなれば内容もより正確に理解

出来ることになります。)

 

3.英文(教材など)をみていろいろと確認をする。

・自分の聞こえた(掴めた)単語の確認、

・うっすらと聞こえた部分の確認などなど。

 

 

聞き取れない単語があっても気にせず、話の内容を

想像するようにしましょう。

細かい部分にとらわれていると全体どころか何も

意味が掴めません。

 

このクラスの生徒さんには、次回マーカーを持って

来て下さいとお願いしました。 一回目に聞こえた

単語、二回目に聞こえた単語を彩りして、

だんだん増えるのを確認しようと思っています。

 

Hearingと一言でいってもやはりいろいろな

要素がありますから、

ひとことでお話し出来そうにありません。

 

 

日本語と英語の違いも理解しましょう。

 

たとえば アクセントが英語にはあります。

 

army は、始めにアクセントが

ありますから 聞きやすいですが、

arrest は、2音節目ですから

聞くときは aは 聞こえないでrestと

聞こえます。

 

基本的には、実際の会話のhearingは、

英文字は頭の中から除外して、

音の世界に浸りましょう。

聞いている内容を絵に描くようにしましょう。

 

きょうは、この辺で続きはまたお話します。

楽しみにしていて下さい。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ららぽーと英語講座

7月7日と8月25日

海外でのショッピングと日本で海外の人

とショッピング同行など

お問い合わせは

LaLaClub tel.045-938-5337

受付時間  10:00~17:00 (土日祝休み)

 

 

Atitude  英語スタジオ

体験レッスン実施中

お申し込みは

http://english.kumasan.yokohama/お問い合せ

 

 
 

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.