英語のイントネーションは発音と同じように重要です。

飛行場

こんにちは

今日のお天気は予報と違っていましたね。だいぶ夏に近づいてきてますね。

先日国内旅行で飛行機に搭乗することがありました。その時に、日本人のキャビンアテンダントさんの英語のアナウンスを聞いて感じた事がありました。その方は英語の発音は良かったのですがイントネーションが余り良くなく日本語のように一本調子にアナウンスしていました。「発音が良いのにもったいないな~ 私の教室にきてくれれば正してあげるのに~」と内心思いました。イントネーションはちょっとしたこつが分かれば、数回注意するだけでマスターできることです。

抑揚のない日本語にはないことなので、初めは正しい英語のイントネーションを真似するより方法はありません。しかし何回か勉強していくうちに出来るようになります。

イントネーションは発音と同じくらい大事な要素とあらためて感じました。だいぶ前の記憶ですが、日本人が英語を一本調子で話しているのを外国の人が聞いて「日本語は英語に似ているんですね」と感心していたと聞いたことがあります。要するに、発音とイントネーションが出来て初めて英語として認められるのでしょう。発音とイントネーションはセットで修得して通じる英会話を話せるようにしましょう。

では また